最近では、ネット上でいろんなペニス増大サプリが売られるようになりました。
この中には効果のあるサプリメントもあれば、そうでないものもあります。
これらの中から、本当にペニスを増大できるサプリメントを探すのは大変な作業です。

しかし、自分で試さなくても、ネットの口コミを見て判断する方法もあります。
ここに紹介するべガリアも、口コミで評判のいいペニス増大サプリです。

しかし、同じようにべガリアを飲んでも、効果のない人もいるようです。

では、どうして人によって効果に差があるのでしょうか?

【ベガリアで効果がない人の共通点】

べガリアは医薬品ではないので、飲み方について細かい決まりはありません。
どう飲むかは自由なのですが、そのため、すでにこの時点で個人差が生まれています。

また、飲み方以外にも以下のような違いが挙げられます。

・服用期間
・毎日の生活習慣
・食生活
・日々の適度な運動の有無
・飲酒と喫煙

実際にはこの5つが複雑に絡み合っていますが、ここではわかりやすくするために、ひとつずつ見ていくことにします。

・服用期間

はっきり言って、ペニス増大効果が出るまでの服用期間は、人によってかなりの差があります。
何らかの効果が得られるまでに、3か月以上かかる人もいれば、1か月くらいで効果が見られる人もいます。
普通は3か月前後で効果が現れることが多いのですが、中には目に見えて効果が出るまでに、半年以上かかるケースもあるようです。

また、口コミなどでほとんど効果がなかったと書き込んでいる人の中には、1か月以内の短期間でやめてしまった人が多いこともわかっています。
つまり、効果が出る前にやめたから効果が出なかったということで、いわば当たり前の結果なのです。
しかし、ネットの口コミというのは恐いもので、それでも「効果がなかった」という意見が1件成立してしまうのです。

しかし、この人も1か月以上続けていれば、増大効果が出た可能性は十分にあります。
べガリアのことをある程度わかっていれば、継続して服用しないと効果が出ないこともわかるはずなのですが、効果を焦るあまり、1週間か2週間で効果が出ないとガッカリしてしまうのかもしれません。
しかし、サプリメントはどれも3か月以上継続しないと、効果が見られないものなのです。

・毎日の生活習慣

生活習慣は人によってさまざまです。
毎日規則正しい生活を送っている人もいれば、乱れに乱れた生活をしている人もいるでしょう。
これはその人の性格にもよりますが、仕事の種類によっては、規則正しい生活が無理な場合もあります。

たとえば、シフト勤務で出勤時間と退社時間が一定しない仕事もあります。
これはある程度しかたのないことですが、それでも生活が不規則だと、べガリアの効き目にも影響してきます。
規則正しい生活の中には、当然ながら睡眠も含まれます。

睡眠時間は十分に取る必要がありますが、人によって6時間で十分な人もいれば、8時間以上寝ないと寝足りないという人もいます。
また、睡眠は寝る時間だけでなく、いかにぐっすり熟睡するかが重要です。
仕事のストレスなどで眠りの浅い日が続いたり、睡眠時間が足りなかったりすると、べガリアの効果もあまり期待できなくなってしまいます。

睡眠が重要なのは、成長ホルモンと関わっているからですが、この成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。
それも時間が決まっていて、午後10時から午前2時くらいの間に分泌することがわかっています。

成長ホルモンは大人になってからも必要なホルモンで、しかも男性機能に影響を与える男性ホルモンのテストステロンとも密接な関係があります。
毎日規則正しい睡眠を取って成長ホルモンが十分に分泌されないと、男性機能全般に影響を及ぼすことになるのです。
そのため、十分な睡眠を取らずにべガリアを飲んでも、あまり効果は期待できないことになります。

・食生活

毎日食べているものが人の体を作ります。
食はそれほど大事なものですが、普段はそのことを忘れている人が多いのではないでしょうか。
好きなものばかり食べたり、甘いものや辛いものを大量に食べるなど、明らかに健康によくない食べ方をする人がいます。

しかし、人は知らず知らずのうちに、好きなものを食べることでストレスを発散している場合もあるので、そのことを考慮せずに「正しい食生活」に直そうとすると、かえってよくない結果を招く場合もありますから注意が必要です。
そうは言っても、やはり乱れた食生活は徐々に治していったほうがいいです。

暴飲暴食や偏食を続けていると、べガリアが有効に働くために必要なミネラルやビタミンが十分に摂れないために、ペニス増大効果が発揮されないこともあります。

・日々の適度な運動の有無

車がなかった時代は、どこに出かけるにも歩くしかなかったので、日々の生活がそのまま健康につながっていました。
つまり、昔の人は嫌でも、毎日ある程度の距離を歩く生活を余儀なくされていたのです。
しかし、交通機関の発達した現代では事情が違います。

どこに行くにも車か電車ですから、自分で意識してウオーキングしたり軽い運動をしないと、確実に運動不足になってしまいます。
運動不足は肥満のもとですし、健康を害する元凶です。
運動不足が続くと体の筋肉が徐々に細くなっていきますが、筋肉の発達と成長ホルモンの分泌には密接な関係があり、筋肉が衰えると成長ホルモンもあまり分泌されなくなります。

成長ホルモンの分泌はテストステロンという男性ホルモンの分泌と直結していますから、運動不足が続くと結果的にテストステロンが不足して、男性機能全般が衰える結果となります。
男性機能が衰えるような生活をしていて、その一方でべガリアを飲んだところで、あまり効果は期待できないでしょうね。

べガリアのペニス増大効果や精力増強効果を効率よく発揮させるためには、ここに述べたように前提となる条件があります。
その条件が整わないような生活をしているのでは、べガリアの効果が出ないのは当たり前なのです。

・飲酒と喫煙

飲酒と禁煙が体によくないのは、多くの方がご存知のとおりです。
飲酒は適量ならいいのですが、あまり飲みすぎると肝臓に影響を与えます。
肝臓にはオルニチン回路(尿素回路)という重要な働きをする仕組みがありますが、過度の飲酒をすると肝臓がアルコールを分解するためにエネルギーを取られてしまい、オルニチン回路の働きを十分に発揮することができなくなります。

オルニチン回路では、オルニチンにアンモニアと炭酸ガスが融合されてシトルリンとなり、さらにアミノ基が加わってアルギニンとなり、アルギニンから尿素が切り離されてオルニチンに戻るという複雑な動きをします。
そして、この過程で有毒物質であるアンモニアが、無害な尿素に変換されるのです。
飲酒によってオルニチン回路が十分に活動できないと、アンモニアを分解できないために健康を維持できなくなります。

このような状態では、べガリアが効力を発揮できないのは言うまでもありません。

また、喫煙は血管に悪影響を与えます。
タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、喫煙を続けると動脈硬化のリスクが高まります。
ペニス増大や精力増強は血管を拡張させることが基本となるため、血管を収縮させるタバコの害は、ペニス増大と精力増強にとって計り知れません。
このように、タバコに含まれるニコチンは、血管を拡張させようとするべガリアの効能を、すべて打ち消してしまうのです。

【まとめ】

べガリアを飲んでも、ペニス増大効果と精力増強効果のある人とない人がいます。

これは、飲み方に個人差があるのもひとつの原因となっていますが、それ以外にも以下のような要因があります。

・服用期間
・毎日の生活習慣
・食生活
・日々の適度な運動の有無
・飲酒と喫煙

どれも軽い程度なら問題ないのですが、この中のいくつかが絡み合ってくると、べガリアの効能を阻害することがあります。