【ベガリア主力成分】アルギニン/シトルリンの精力増強効果分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

L-アルギニンとL-シトルリンは、べガリアの2大主要成分です。
ペニス増大と精力増強効果で抜群の人気を誇るべガリアですが、その効能を支えているのがこの2つの成分なのです。

では、L-アルギニンとL-シトルリンとはどのような成分なのでしょうか。
ここでは、L-アルギニンとL-シトルリンの効能、摂取量、副作用などについて検証してみることにします。

【L-アルギニンとは】

L-アルギニンは、非必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸です。
これは、体内で生成することのできるアミノ酸です。
しかし、L-アルギニンの生成量は年齢とともに減少していきます。

そのため、体内で生成するだけでは足りないので、食事やサプリメントで補う必要があります。
L-アルギニンは1886年にマメ科の植物の芽から発見されました。
しかし、漢方の世界では昔から強壮剤や婦人病・肝炎の治療として用いられていました。

【L-アルギニンの効能】

L-アルギニンの効能には以下のようなものがあります。

・成長ホルモンの促進
・疲労回復
・ED改善(勃起力アップ)
・動脈硬化の予防

では次に、順を追って説明しましょう。

・成長ホルモンの促進

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンですが、L-アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進することがわかっています。
成長ホルモンは、その名のとおり成長期の子供の骨や筋肉の成長を促しますが、成長の止まった大人にも必要なホルモンです。
たとえば、筋トレをしたときにも成長ホルモンが分泌されますし、疲労回復やお肌の健康維持のためにも成長ホルモンが必要です。

また、成長ホルモンはL-アルギニンだけを摂取しても分泌されません。
L-アルギニンを活かすためには、他の複数のアミノ酸と一緒に摂取しないとうまく作用しないのです。
L-アルギニンは、オルニチン・トリプトファン・グリシン・チロシンなどのアミノ酸と一緒に摂取することで効能を発揮します。

ちなみに、成長ホルモンが不足すると老化を早めることがわかっています。
10代の頃と比べ40代になると、成長ホルモンの分泌量は半分以下に落ちてしまいます。
成長ホルモンは加齢とともに分泌量が減少し、減少したことでまたさらに加齢が進んでいきます。
ちなみに、成長ホルモンは午後10時~午前2時くらいの間に分泌されると言われていますが、一説では就寝後90分たつと分泌が始まるとも言われています。

どっちにせよ、L-アルギニンは寝る直前に摂取するのがベストということになります。
また、成長ホルモンには、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌を促す働きがあります。
このテストステロンは男性機能全般に関わる重要なホルモンなので、その分泌を促進する成長ホルモンはペニス増大、精力増強のためにも重要なのです。

・疲労回復

L-アルギニンは、身体疲労や脳疲労に対しても、効果を発揮することがわかっています。
その鍵を握るのが一酸化窒素なのですが、L-アルギニンには一酸化窒素を生成する作用があります。
一酸化窒素には血管を拡張する働きがあるため、大量の血液が体の中を循環するようになります。

その結果、細胞の隅々まで酸素や栄養を届けることができ、疲労物質であるアンモニアを細胞から運び出す役割を果たします。
L-アルギニンが疲労回復に役立つのはこのためなのです。
また、細胞から回収されたアンモニアは肝臓にあるオルニチン回路(尿素回路)で分解されて無害な尿素となります。

L-アルギニンはここでもオルニチン回路に働きかけ、アンモニアを尿素に変えて体外に排出する働きをサポートします。

・ED改善(勃起力アップ)

L-アルギニンは血管内で一酸化窒素を生成します。
この一酸化窒素が血管を拡張するために、ペニスの海綿体に流れ込む血流量が増えて勃起力がアップします。
ですから、L-アルギニンにはED改善効果もあるのです。

・動脈硬化の予防

また、血管を拡張すると動脈硬化を予防することができます。
動脈硬化は血管が硬くなり萎縮するために起こる症状ですから、L-アルギニンを摂取することで動脈硬化を予防し、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らすことが可能となります。
ちなみに、EDも動脈硬化が原因で起こります。
EDはペニスが勃起しない症状ですが、ペニスの海綿体の毛細血管が動脈硬化のために拡張せず、十分な血液を貯め込めないために勃起不足となるのです。

つまり、EDと脳梗塞や心筋梗塞は同じ原因で起る病気なのです。
脳梗塞や心筋梗塞はわかりにくいですが、EDはすぐにわかります。
なにしろ、勃起しないのですから一目瞭然です。
このことからわかるのは、EDになったら脳梗塞や心筋梗塞も進行中かもしれないということです。

EDになって勃起しなくなったと嘆く前に、命に関わる脳梗塞や心筋梗塞の可能性があることも、考えてみたほうがいいでしょう。
こういうふうに考えると、EDは命の危険を教えてくれるシグナルでもあるのです。

【L-シトルリンとは?】

L-シトルリンは、1930年に日本の研究者がスイカから発見したものです。
2007年までは医薬品として指定されていたため、サプリメントに使用できるようになったのはそれ以降のことです。

・L-シトルリンの効能

L-シトルリンには以下のような効能があります。

・動脈硬化の予防
・血管の拡張効果
・疲労回復

次に、ひとつずつ見ていきましょう。

・動脈硬化の予防

L-シトルリンを摂取すると、血管内皮細胞で一酸化窒素が生成されます。
この一酸化窒素の効果で血管が拡張するのは、L-アルギニンと同様です。
一酸化窒素は環境を破壊する物質ですが、それが体内では動脈硬化の予防や勃起力アップに効果を発揮するわけです。

・血管の拡張効果

L-シトルリンを摂取することにより、一酸化窒素が生成され、血管が拡張して血流を促進します。
こうなるとペニスに流れ込む血液量が増えるので、必然的に勃起力アップとペニス増大を期待することができます。
血管が拡張すると、体の隅々に血流が行き届くようになり、細胞に栄養と酸素が行き渡って全身が活性化します。

血流は脳にも循環しますから、集中力がアップしたり記憶力や思考力も冴えわたるようになります。
また、女性の悩みである、冷え症・むくみの改善やアンチエイジングもL-シトルリンの摂取によって可能となります。

・疲労回復効果

スポーツのあとは疲れを感じますが、それは運動によって筋肉の中に疲労物質であるアンモニアが溜まるからです。
L-シトルリンにはこのアンモニアを取り除く作用があります。
ちなみに、海外では筋肉をつけるために、スポーツの前にL-シトルリンを飲む人もいます。

【L-アルギニンとL-シトルリンは切っても切れない】

勃起力アップには、L-アルギニンとL-シトルリンが欠かせません。
この2つの成分が互いに干渉しあって一酸化窒素を効率的に生成し、体を健康にしてさらにペニス増大や精力増強まで担ってくれるのです。
それはすべて、一酸化窒素の効能によって、血管が拡張するためにもたらされるものです。

精力増強のメカニズムは、脳が性的刺激を受けて、動脈の内皮細胞で一酸化窒素が大量に生成することから始まります。
この一酸化窒素の働きにより、サイクリックグアノシン1リン酸(cGMP)という酵素が生成されます。

cGMPがペニスの血管平滑筋と海綿体平滑筋を弛緩させることにより、ペニスに血液が大量に流れ込み、海綿体が血液を吸収してペニスが勃起します。
つまり、内皮細胞から一酸化窒素が生成されないと勃起しないのです。

これがEDと呼ばれる症状です。

勃起するか否かは一酸化窒素が鍵を握っており、その生成にはL-アルギニンとL-シトルリンが深く関わっているのです。
L-アルギニンとL-シトルリンは、相乗効果により一酸化窒素を生成します。
L-アルギニンが一酸化窒素を作る過程でL-シトルリンも生成されます。

このとき生成されたL-シトルリンは、L-アルギニンにリサイクルされ、L-アルギニンとなります。
このリサイクルされたL-アルギニンから再度一酸化窒素とL-シトルリンが作られます。
この変換のサイクルが繰り返し行われることにより、血中L-アルギニン濃度が上昇して一酸化窒素の生成量を増やすことができるのです。

【大量摂取しても無駄】

L-アルギニンとL-シトルリンの相乗効果により、一酸化窒素の生成量が増加してペニスが勃起したり増大するなら、この2つの成分をもっと摂取したいと考える人もいるかもしれません。
確かに、L-アルギニンもL-シトルリンも、サプリメントを飲めば大量摂取が可能です。
しかし、L-アルギニンとL-シトルリンを大量に摂取しても、それを一酸化窒素にする酵素の量が決まっているから無駄なのです。

では大量に摂取した成分はどうなるのかと言いますと、残ったL-アルギニンとL-シトルリンは尿と一緒に体外に排出されてしまうのです。
現在では、精力増強専用サプリにL-アルギニンとL-シトルリンが含まれてるのはほぼ常識となっています。
そのほか、男性ホルモンのテストステロンの生成に必要な亜鉛やビタミンB1 、マカ・トンカットアリなどの有効成分も含まれています。

しかし、これらの有効成分が効能書きに記載してあっても、中身が違う粗悪品が多いのも事実です。
粗悪品を見分けるのはなかなか困難ですが、ひとつの目安として、有効成分が100種類も200種類も配合してあるものは、疑ってかかったほうがよさそうです。
なぜなら、ペニス増大や精力増強には、そんなに多くの成分は必要ないからです。

そもそも、小さなサプリメントの中にそんなに多くの成分を入れたら、ひとつひとつの成分量はごくわずかになってしまいます。
そんな微量ではどんな成分も効果はありません。
そう考えると、成分数がやたらと多いサプリメントは避けたほうがよさそうです。
飲んでも害はありませんが、そんなサプリメントにペニス増大や精力増強を期待しても無理でしょう。

それと、もうひとつ重要なのは、有効成分の配合比率です。
べガリアには、黄金比率と呼ばれる独自の配合比率があります。
これは非公開ですから、べガリアの製造メーカー以外誰も知りえない極秘情報です。
この黄金比率をもとに有効成分を配合したサプリメントでないと、ペニス増大を実現するのは困難です。

【まとめ】

べガリアの主成分はL-アルギニンとL-シトルリンです。

この2つの相乗効果で一酸化窒素が生成され、血管が拡張してペニス増大と精力増強が実現します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。